めまい


 A分類
@気が上がる場合・・・ストレスなどにより気の通行が悪くなることにより起こります。それが改善しないと更に気が上逆し、頭に影響すると起こります。腎(生命力・生殖機能)が不安定になることにより、気を下げる機能も不足し、そのために気が上がり、発症します。
A水分の滞りによる場合・・・胃腸機能を損なったり湿度が高いと、運搬機能が低下して不必要な水分が生じます。この水分が胃部に停滞するために陽気が頭部に上らず発症します。
B虚弱体質による場合・・・胃腸虚弱のために栄養の生産が悪くなると、陽気が頭部に行かなくなり、また貧血のために頭部まで栄養が行かなくなって発症します。また不正出血によって起こることも多くあります。
C腎気の失調による場合・・・五臓六腑の衰えにより腎精が低下し、脳を培養できなくなります。また、性生活の不摂生などによっても発症します。

Bタイプ別
 気が上がることによるめまいは、頭痛、いらいら、怒りっぽいなどの症状を伴い、舌の性状は紅く、脈は弦をつぐような特徴があります。水分の滞りによるものは、湿度の高い日に体調をくずす特徴があり、舌の上の付着物は厚く、脈はすべるような特徴があります。この2タイプはエネルギーのショートです。また虚弱体質によるものは、横になると楽になり、疲労による誘発または増強する特徴があります。腎気の失調によるものは、脱力感、極端な疲労感、物忘れ、耳鳴りを伴いやすく、この2タイプは虚弱タイプの特徴.です。治療を必要とする前に、養生で手を打ちましょう。

C主な病症
A)虚弱体質例
(病態)
 胃腸は栄気の働きを主ってっていますが、虚弱のために栄養を生産できず、頭部にまで到達しないと起こります。動くとひどくなり、疲れると起こりやすくなります。血液不足のために顔面は青く、また唇や爪の色も白くなります。入眠障害、心臓がドキドキ、息切れ、人を遠ざける、湿気を嫌うなどの症状を伴います。

(症状、所見)
ア 主な症状・・・頻繁に発症する、横になると楽になる、疲れると悪化する
イ 舌の状態、手首の脈・・・舌の色は淡い白、手首の脈は細く無力
ウ 伴って現れる症状・・・顔色が悪い、唇が白い、呼吸が浅い、人を遠ざける、疲労倦怠、入眠障害、心臓がどきどきする、食欲低下
(治療原則)
 胃腸の機能向上を図り、栄養状態の改善を促します。主として胃のつぼ及び背部のつぼを取り、針にて気を補います。
**(鍼灸施術に使うツボ)
○百会(ひゃくえ)・・・両耳の最も尖った所を結んだ線が、頭部頂上で合わさった所に取ります
○脾愈(ひゆ)・・・肩甲骨一番下と腰骨の中間で、背骨の外側指2本分の所(左右2箇所)に取ります
○足三里(あしさんり)・・・膝を立て、向うずねをすりあげて止まるところの外側の凹んだ所に取ります
○三陰交(さんいんこう)・・・内くるぶしの上、指3本分の場所、向うずねの骨際に取ります

B)肝陽上亢(気が上がることよる場合)
 ストレスなどにより気が上がると、顔面のほてりが起こります。またイライラする、怒りっぽいなどの症状があらわれます。さらに心にまで影響すると入眠障害、しょっちゅう目が覚める、などの症状が起こります。場合によっては、手足のほてり、寝汗が出やすく、また腰や膝がだるく力が入らない、という症状を伴いやすくなります。
(症状、所見)
ア 主な症状・・・めまいのほか、耳鳴り、頭痛、ヒステリー
イ 舌の状態と手首の脈脈・・・舌の色は紅、舌上の苔状のもの色は黄、手首の脈は弦を引くよう、数多い
ウ 伴って現れる症状・・・いらいら、入眠障害、熟睡できない、赤ら顔、手のひら・足のひらのほてり、寝汗多い、全身倦怠感
(治療原則)
 ストレスの亢進を抑え、必要に応じて生命力の弱りを補う。主として肝系統、胆系統のつぼを取り、針灸にてアプローチします。
**(鍼灸施術に使うツボ)
○風池(ふうち)・・・耳の後ろの出っ張った骨と、後頭部の下側、延髄のくぼみとの中間で、後ろ髪の生え際の凹み(左右2箇所)に取ります
○侠けい(きょうけい)・・・足の第4指と第5指の間、足指の生えぎわに取ります。
○陽輔(ようほ)・・・外くるぶしの上指5本分の所り前5ミリに取ります
○太衝(たいしょう)・・・足の第1指と第2指の間を足首側にすりあげて、止まる所に取ります
○太谿(たいけい)・・・内くるぶしの最も尖った所の高さで、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼんだ所に取ります
※治療よりも生活習慣が大切。

トップへ


Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)リンク:http://www.seiritsusenmon.jp/memai.html