更年期障害の東洋医学的養生法

閉経期の体調不良は表面に出てくる現象を並べると多岐多彩に及びます。そして、それらの現象に対して別々にアプローチするのが西洋医学です。それに比べて東洋医学は、その根っこを捜し出してアプローチします。

閉経期前後には、生殖器に最も関連ある臓(=東洋医学では腎)がお休みに入ります。長い間、生殖能力の中枢を担ってきた結果、腎は疲れ果ててますから、人生の折り返し時点で「もう、働かなくていいよ、長い間ご苦労さん」として前面に出て働くのをやめるわけです。

生命力の根である腎が働くペースを落としますので、体と心(こころ)に注がれる潤滑油(東洋医学用語では腎水)が分泌されにくくなり、体と心(こころ)を適度に冷却する機能が低下すると、不必要な熱が亢進するため(東洋医学用語では肝火の高ぶり)、ホットフラッシュ・イライラ・疲労倦怠などの症状があらわれます。

また、東洋医学では、腎と心(しん)は深く関係しているといわれています。心(しん)は手の少陰心経というエネルギーのルートの動力源として働き、腎は足の少陰腎経というエネルギーのルートの動力源として働いていると考えられています。そして、月経は腎がつかさどっていると考えられるため、腎の働きが低下すると心(しん)にも影響し、動悸や不眠などが発症します。

東洋医学では、腎は陰陽の宅(すみか)といいます。腎の陰(こころと体をつかさどる潤滑油)の機能が低下すると、潤滑油分泌不足となり(東洋医学用語:腎水枯渇)、ほてりなどが出現します。また、陽の機能が低下すると体を温める機能が低下するため、冷えなどが生じます。また、これらの症状が同時に出るケースも多々あります。

閉経期のトラブルは、月経トラブルなどと並んで女性にしか分からない大変苦痛な症状です。寝たきりで動けない・不眠・イライラ・頭痛・腰痛・膝痛・高血圧・ストレス・ホットフラッシュ・貧血・便秘・冷え症・排尿トラブル・動悸・耳鳴・難聴・めまい など、一言では語れない辛さに悩まされるのが特徴です。

それでも周囲には理解してもらえないのは本当に辛いことです。ご家族に分かってもらえなかったり、職場の目も偏見に満ちているのが実情ではないでしょうか。ここでは、体質の特定方法や、皆さんがご自分でできるツボ療法、養生法をご紹介いたします。













更年期障害 症状 別解説(ご自分で市販のお灸を据えてみましょう)
東洋医学的な考え方
 

のぼせ・冷え
  吐き気・嘔吐  疲れやすい  便秘・下痢  排尿(頻尿・残尿感)  頭痛  不眠症  眼精疲労  肩こり  めまい  耳鳴・難聴  高血圧

〇運営者情報
(氏名)長嶋 努
(国家資格)はり師:第125199号、きゅう師:第125095号
(メール)jgtyn534@yahoo.co.jp

リンク 




Copyright(C)2005-2020  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)