排尿トラブル(頻尿、残尿感など)

A分類
 排尿障害の原因は膀胱にあります。膀胱の働き(締めたり、緩めたりする能力)が衰えるために、頻尿・小便を円滑に排出でなる、残尿感などの症状があらわれます。東洋医学的には、次のように分類されます。
@腎虚による場合・・・身体を温める作用が弱くなると、表裏関係にある膀胱の機能も働かなくなり発生します。
A膀胱の湿気滞留と熱による場合・・・胃の湿気や熱が膀胱に影響し、そのために膀胱の働きが衰えることによります。
B肺の弱りによる場合・・・肺が弱くなるために、吸った気を下に持っていく作用が衰えると、水液を送る経路が塞がり、水分が膀胱に落ちなくなって排尿困難が発生します。
C脾の作用低下による場合・・・脾気(胃と一対に働く)の低下のために、消化吸収した栄養を全身に運べなくなり、これが膀胱に影響すると発生します。

B鑑別
@BCは生命力が弱くなり発生します。Aは気の通りが悪くなることによります。虚実の判断は舌や脈、随伴症状により行います。Aではともに舌の上の付着物は黄色く、頻脈を伴います。また肺の弱りによるものには咳や呼吸が苦しいなどの症状を伴います。@では生命力の減退による腰のだるさや、冷えなどの症状が現れます。Cでは胃の不調や貧血などによる症状がみられます。

C主な病証
A)生命力減退の例(腎虚による場合)
(病態)
腎には身体を温める機能があり、温める機能が正常に機能すると膀胱の収縮も正常に行われます。五臓六腑の機能が衰えると、膀胱の気の機能が低下して起こります。この場合は頻尿、腰のだるさ、膝の痛み、足の冷え、足の踵の痛みなどの症状が現れます。
(症状・所見)
@主要症状・・・頻尿、我慢できない(お漏らし)、尿は無色、尿の出が悪い、排尿時の無力
A舌の色、手の脈・・・舌の色は淡く、脈は沈んでいて細い
B伴って現れる症状・・・下腹部が無力・張る、顔色は青い、精神が不安定、腰がだるく冷える、膝が痛い、うつ
(治療方針)
生命力を補って膀胱の気の巡りの回復を図ります。主として腎のツボ及び関連する背中のツボを選んで、鍼にて生命力を補います。
**(鍼灸施術に使うツボ)
○陰谷(いんこく)・・・膝を少し曲げてできる膝内側のシワの間に取ります
○腎愈(腰の10センチくらい上、背骨の外側指2本分の押すと痛い所に取ります)
○三焦愈(さんしょうゆ)・・・腰の13センチくらい上、背骨の外側指2本分の所に取ります
○気海(きかい)・・・おへその下指2本分の所に取ります
○委陽(いよう)・・・膝裏の曲げるとできるシワの外端に取ります


B)実証例(膀胱の湿気の滞留と熱による場合)
(病態)
胃の湿気や熱が膀胱に影響すると起こります。下腹部痛、モヤモヤ、スッキリ排便しないなどの症状も起こることがあります。口渇も伴うこともあります。
(症状・所見)
@主要症状・・・小便は量が少なく色は黄色、尿は点滴状態、尿が出なくなる、下腹部痛
A舌の色、手の脈・・・舌の色は紅い、舌の上の付着物は黄色く、脈は速い
B伴って現れる症状・・・咽喉が渇く、排便がすっきりしない
(治療方針)
湿気や熱を発散させます。主として脾(胃)のツボと膀胱のツボを取穴し、鍼にて気を逃します。
**(鍼灸施術に使うツボ)
○陰陵泉(いんりょうせん)・・・膝内側の下、すねの骨に続く骨ぎわで凹んだ所に取ります。
○三陰交・・・内くるぶしの上、指3本分の場所、向うずねの骨ぎわに取ります
○中極(ちゅうきょく)・・・おへその指5本分下に取ります 



トップへ

Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 参考:頻尿の弁証