不眠症


A分類

@自律神経の不安定による・・・精神不安定により情志を失調し、そのために自律神経の働きが悪くなると気が滞り、発散できません。この状態が改善されないと熱に転化します。熱には炎上性があり、これにより心に影響すると不眠症が起こります。
A胃腸虚弱による・・・思慮過度、心労、過労、怠惰などは胃腸を損傷しやすくなります。そのために気血の生成が悪くなると、心悸亢進し不安となって起こります。
B生命力減退による・・・性生活の不摂生、慢性疾患、ショックな出来事などにより生命力を損傷すると、内臓のバランス関係が失調します。

B鑑別
@は実証であり、ABは虚証です。種類分けは主としてそれらの症状と併行して出現する症状により行います。
 @では頭痛、めまい、耳鳴り、口が苦いなどを伴いますAでは心悸亢進、もの忘れ、疲れやだるさ、食欲不振などを伴います。Bでは手足の先のほてり、寝汗、めまい、耳鳴り、健忘、腰痛の症状を伴います。治療をしている人でも養生を併行して行いましょう。

C主な病証
A)虚証例(生命力減退による不眠)
(病態)
 生命力の失調のために内臓のバランスが悪くなり、心臓が亢進すると不眠症が起こります。また、めまい、耳鳴り、もの忘れ、腰痛、手足の先や胸のほてり、寝汗などの症状を伴います。
(症状、所見)
ア 主な症状・・・不眠症、動悸、または浅い眠り
イ 舌の色、手首の脈・・・舌の色は紅色、舌の上に載っているこけ状のものは少ない、手首の脈は細く速い
ウ 伴って現れる症状・・・手のひら・足のひら・胸がほてる、寝汗が多い、口や咽喉の乾き、めまい、耳鳴り、もの忘れ、腰膝のだるさ、異常な暑さ

**(鍼灸施術に使うツボ)
○大陵(だいりょう)・・・手関節前面の中央に取ります
○太谿(たいけい)・・・内くるぶしの最も尖った所の高さで、内くるぶしとアキレス腱の間の窪んだ所に取ります
○神門(しんもん)・・・手関節前面の最も小指側の場所に取ります
○太衝(たいしょう)・・・足の第1指と第2指の間を足首側に摺りあげて、止まる所に取ります



B)実証例(自律神経の不安定による不眠)
(病態)
 自律神経失調の状態になると熟睡できないという特徴があります。また、昼間に怒りの原因になることや、不安なことが忘れられず、胃部のつかえや、胸苦しいといった症状があらわれます。
(症状、所見)
@主な症状・・・眠りが浅い、多夢、よく目が覚める
A舌の状態、手首の脈・・・舌の色は紅色、舌の上の苔状の付着物は黄色で粘る、手首の脈は力なく数多い
B伴って現れる症状・・・胸苦しい、胃部のつかえ、ゲップ、めまい

**(鍼灸施術に使うツボ)
○中かん(ちゅうかん)・・・おへそと胸骨一番したの中間で、胃の真上に取ります。
○豊隆(ほうりゅう)・・・外くるぶしと膝外側を結んだ線上で、ちょうど真ん中の凹みに取ります
○内関(ないかん)・・・手関節前面中央から、肩に向けて指3本分の場所に取ります
○児[(れいだ)・・・足の第2指の外側、爪の生え際より外側1ミリに取ります
○隠白(いんぱく)・・・足の第1指の内側、爪の生え際より外側1ミリに取ります
養生と治療を併行して実行すると、相乗効果を期待できます。

トップへ



Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)  リンク:不眠症の鍼灸